日記

牛に引かれて善光寺まいり

豊島区大塚のインプラント・矯正・審美歯科・歯周病専門医の仙田歯科医院、院長仙田です。
「牛に引かれて善光寺まいり」とは、 思いがけないことが縁で、また、自身の 発意でなくて、他のことに誘われて偶然によい方向に導かれることを言うそうです。
山門(三門)         山門からの眺め
  
私も先日思いがけず善光寺まいりをする機会がありました。何事も準備が大切ですが、下調べをせずのほほんと気楽について行っただけなので、お戒壇めぐりをするのを忘れてしまいました。
帰って来てから教えていただきもったいない事をした物だと後悔しております。
しかし、ありがたい「びんずる尊者様」をなでなでして来ましたので、健康になれる事でしょう。
びんずる尊者(公式HPより)   こちらは可愛いお地蔵さんと

地元は巣鴨のとげぬき地蔵さんと同じで、、病人が自らの患部と同じところを触れることでその神通力にあやかり治していただけるそうです。
私も、右手の肘部管症候群、不整脈、腰痛、逆行性健忘症(飲酒時)、頭、などなど、治していただきたい所を欲張って、体中なでさせて頂きました。
牛に引かれて行った善光寺はとても良い思い出になりました。今度はお戒壇めぐりをして極楽浄土に近づきたいとおもいます!
沢山の参拝者で賑わっておりました

豊島区大塚の歯科 インプラントなら仙田歯科医院

関連記事